格安スマホは海外のショップでも購入できる

格安スマホと呼ばれる端末は、国内製ではなく海外製のものがほとんどです。そのため、海外のインターネットショップから輸入することも可能です。
では、格安スマホを輸入するメリット、そして注意点にはどのようなものが挙げられるでしょうか。
まず輸入することのメリットですが、国内で買うよりも安く手に入れられる可能性が高いということが挙げられます。
なぜかというと、国内で買う場合、海外から日本に製品が渡ってくるプロセスでいくつかの会社が入ってくるので、その分、料金が上乗せされてしまうからです。

また、日本のショップでは売られていない端末を買うこともできます。

そもそも、日本で販売されていない端末を国内で利用できるのかということについて説明すると、まず端末にインストールされているOSの日本語化はそれほど難しくありません。



スマートフォン用のOSには最初から世界各国の言語パックが含まれていて、スマートフォンの設定画面で日本語を選べるようになっているからです。



問題は技適マークがついているかどうかです。



このマークがついていない格安スマホを国内で利用すると、電波法という法律に違反していることになる可能性があります。
日本に旅行にきた外国人が持っているスマートフォンには技適マークがついていないことが多いですが、問題にならないのは一時的に日本を訪れる人の使用に限っては認められているからです。

したがって、日本に在住している人が格安スマホを海外のショップで購入し、日本で使う場合は技適マークの有無を必ず確認するようにしましょう。